“SENPAI”の日本体験記 -はとバスツアー編- “SENPAI”の日本体験記 -はとバスツアー編-

日本の桜は世界的に有名です。日本に桜を見に来るとしたら、大体3月4月を選ぶと思います。 日本で一番早く咲く桜は […]

日本の桜は世界的に有名です。日本に桜を見に来るとしたら、大体3月4月を選ぶと思います。
日本で一番早く咲く桜は何だか知っていますか。今日は日本の関東地方で一番早く咲く桜「河津桜」を紹介しようと思います。

東京周辺で2月になったら河津桜を観賞できます。この時期に日本に来ると花見の観光客も少ないから、ゆったりと桜を観賞することが出来ます。
ネットでいろいろ調べて、バスツアーで行くことに決めました。東京周辺の観光スポットに行くバスツアーはたくさんあります。ツアーだと電車やバスの乗換えの必要もないからとても便利です。特に旅行中は荷物が多くて不便だし、日本の通勤ラッシュの電車は凄く混みます。
たくさんあるバスツアーの中から、私は「はとバス」を選びました。「はとバス」といったら日本での知名度も高いし、コースもいろいろあります。外国語のツアーもあって、外国人のガイドさんと一緒に行くので言葉の心配も要らないです。コースに昼食もついていて楽々です。何と言っても黄色いバスに乗りたかったです。

はとバスツアー公式サイト

今回参加したコースについて

横浜&河津桜日帰りツアー
料金:成人9,500円 子供9,000円

特徴
1.日本の美しい庭園を観賞。庭園の中には17棟の歴史がある建築物があり、大自然と旨く融合していて、素晴らしい絶景が楽しめる。
2. 歩いて桜を鑑賞するほか、電車から桜を鑑賞すると言う特別な体験をする。

コースの日程
09:20 浜松町バスターミナル出発
10:15 横浜 三渓園に到着(抹茶体験)(滞在時間:10:15~11:30)
12:15 横須賀市 横須賀メルキュールホテルに到着(滞在時間:12:15~13:40)
14:20 三浦海岸 川津桜祭り+京急電車(三崎口)(滞在時間:14:20~15:50)
17:40 東京駅に到着(移動時間:4時間10分)

集合場所
午前9時、浜松町バスターミナルで集合、9時20分出発です。JR「浜松町」駅/地下鉄「大門」駅を利用する人は下記のページから、集合場所までの道順を確認できます。
(写真付)集合場の案内(日本語)

  • The meeting spot

    The meeting spot

ガイドの紹介
今回のガイドさんは王さんです。日本語名前は山本さんです。出身は中国広西、最初は留学で日本に来て、来日19年になります。出身は中国広西の桂林です。優しくて、最後まで私たちの面倒を見てくれました。

第一スポット 三渓園

三渓園についてからは、まずツアー参加者全員で三渓記念館に向かい、そこで抹茶体験をしました。

抹茶を飲む前、まずお菓子を食べます。日本のお菓子の見た目は凄く可愛くて、お菓子の表面の画は三渓苑の風景です。お菓子は甘いので苦い抹茶とよく似合います。茶碗にも拘りがあり、園内の画が描いてあります。

抹茶の飲み方にも作法があります。これはその場で教えてもらえるので、よく知らない人でも安心です。

最初にお茶が出されたら、先生に向かってお辞儀をします。お茶を飲む時はまず茶碗を軽く左手に乗せて、正面から飲むのを避けて、右手で時計周りに少しずらして、三口から四口に分けて飲みます。飲み終わったら、茶碗の縁を親指と人差し指で軽く拭きます。そして正面があなたに向くように反時計回りしながら茶碗の姿や絵を鑑賞します。最後に茶碗の正面を先生に向くようにし、お互いお辞儀をします。
このように、日本のお茶文化で、日本人の細かい性格と、礼儀正しさなどの国民性を知ることができます。

抹茶体験の後は、自由行動です。自由に園内を散策しましょう。
園内に人はあまり多くありませんでした。静かでゆったり回ることができました。美しい庭園と歴史深い建築物たちがよく調和され、まるで一枚の絵を見ているような素晴らしい風景でした。またここはウェディング撮影のスポットとしても有名で、恋人の聖地とも言われます。この時もウェディング撮影をするカップルを見ました。

三渓園の公式ホームページ

第二スポット 横須賀 Mercure Hotel(昼ごはん)

レストランは19階にあって、横須賀港と向こう側の房総半島を眺望出来ます。運がよく、天気がいい日には富士山も見ます。私が行った日は運悪く曇り空で、見ることは出来ませんでした…。

主食とデザートはホテル側で用意してくれて、サラダバーとかイタリア面やコーヒーなどは無料で、それ以外は別途料金がかかります。団体で一緒に食事をしますからお互いに話し合いながら、食事を楽しめます。

第三スポット 河津桜 河津桜祭り+京急電車

バスから降りて河津桜祭りの会場までは少し歩きます。
日本の道路は広いほうではありません。場所によって凄く狭い所もあります。桜見に行く時、バスから下りて祭り開催の場所まで15分ぐらい歩くコースがありました。道路が狭いから皆一列になって歩きました。
皆で住宅区を歩いていく後ろ姿を見て、小学校の時、学校で行った春のピクニックのことを思い出しました。とても懐かしいです。

河津桜は桜の一種で、ピンク色です。桜の種類で一番早く咲く桜です。関東なら一般的に2月の上旬から花が咲き、満開は2月中旬から3月の上旬です。他の桜と比べて満開維持時間も長く、ほぼ1ヶ月ぐらいです。このときはちょうど菜の花も咲いていて、両方を楽しめます。
桜を鑑賞した後、7分歩いて三浦海岸駅に到着しました。ここから三崎口駅まで電車に乗って花見をします。
電車に乗って一駅の距離しかありませんが、特別な花見観賞をしたと思います。平日だから電車は空いていました。

帰り 三崎口から東京駅まで

帰りにバスの車窓から日本の畑が見えました。ほぼ大根の畑でした。話によると現地の三浦大根が有名だそうです。
そうそう、三崎口駅でとても大きい大根を見かけて、思わず写真を撮りました。

一日遊んでみんな疲れたでしょう。車内は静かでした。多分皆疲れて寝ていました。私も1時間半爆睡しました。幸い渋滞もなく、予定通りに東京駅に到着しました。

今回のバスツアーは全体的には満足しています。
黄色いバスではなかったことと、たくさんの写真を撮らなかったことはちょっとだけ心残りです。
一日全員がガイドさんの指示に従って、集合時間にちゃんと集合場所に集まったりしました。バスで移動中にガイドさんは車窓から見える有名なスポットの説明や向かっている地域の情報などいろんな話をしてくれました。皆ガイドさんと話し合いながら日本文化に関していろいろ理解できたと思います。
電車やバスの乗換えもなしで、一日中とても楽に移動できました。最後にガイドさんははとバスのほかのコースの説明があるパンフレットを配りました。いろんなコースが載っていて、また時間があれば他のコースも体験してみたいと思っています。

Related Content